3,000円以上の購入で
送料無料

到着日時のご指定は出来ません

トータル・ヒップ・ケア 股関節 チームで支える人工股関節全置換術

電子版あり

定価:4,180円(本体3,800円+税)

商品コード: ISBN978-4-89590-530-5

B5 / 212頁 / 2015年
【編集】 中川法一 (増原クリニック副院長)
数量
電子版販売サイト
(外部の各販売サイトに移動します)
電子書籍の販売サイト

内容紹介

術前~在宅生活まで !
人工股関節患者を支えるリハビリテーション・看護の技術と知識のすべて

「私たちが対象とするのは股関節やTHAといったパーツではなく、障害をもつ人たちである」とする編者らが、人工股関節患者を支えるために蓄積してきたリハビリテーションの知恵と技術、そして安全かつ快適な入院生活から在宅生活を過ごすための一貫とした看護ケアのすべてをまとめあげた渾身の1冊。

解剖・運動学の基礎も盛り込んでおり、臨床家はもちろん、専門職を目指す学生にも役立つ構成となっている。
ますます増える股関節患者を支えるために欠かせない書。

目次

第Ⅰ章 病態解剖学・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 関節内構造
2 形態・構造上の特徴
 1 解剖学的ランドマーク
 2 頸体角
 3 前捻角
 4 Sharp角
 5 CE(center-edge angle)角
 6 関節唇
 7 関節包と偽関節包
 8 臼蓋形成不全
 9 臼蓋形成不全における近位大腿骨の骨形態
 10 臼蓋形成不全での関節唇
 11 臼蓋形成不全での骨頭偏位
3 筋
4 靱帯
5 血管
6 神経
7 姿勢アライメント
 1 立位荷重線
 2 変形性股関節症の下肢荷重率
 3 屈曲拘縮による影響
 4 脊椎後弯による影響
 5 Hip-spine syndrome
8 変形性股関節症の歩行の特徴

第Ⅱ章 股関節の運動学・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 股関節の関節包内運動
 1 各運動方向における関節包内運動
 2 筋作用の逆転
 3 股関節にかかる荷重
 4 関節包内運動の異常
 5 骨盤の前傾・後傾の影響
 6 歩行の病態

第Ⅲ章 股関節障害を有する疾患・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 先天性股関節脱臼
2 臼蓋形成不全
3 大腿骨頭すべり症
4 Perthes病(ペルテス病)
5 単純性股関節炎
6 特発性大腿骨頭壊死症

第Ⅳ章 変形性股関節症について・・・山崎 聡
1 疫学
2 病態
3 診断
 1 問診
 2 身体所見
 3 画像診断
4 分類

第Ⅴ章 変形性股関節症に対する保存療法・・・生友尚志・奥埜尭人
1 変形性股関節症の原因
 1 はじめに-股関節炎か変形性股関節症か?
 2 股関節の痛みの原因は?
 3 股関節の変形の原因は?
 4 トピックス-FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)
2 変形性股関節症の保存療法
 1 患者教育
 2 薬物療法
 3 理学療法
 4 トピックス-股関節唇損傷に対する理学療法
3 病期別理学療法
 1 正常
 2 前股関節症
 3 初期股関節症
 4 進行期股関節症
 5 末期股関節症
4 クリニカルクエスチョン
 1 変性性股関節症は遺伝するか?
 2 変形性股関節症の症状は天気により変化するか?
 3 重い荷物は股関節を痛めるのか?
 4 筋力増強トレーニングをすると股関節が痛くなる?
 5 末期変形性股関節症の可動域制限の原因は?

第Ⅵ章 変形性股関節症に対する手術療法・・・増原建作
1 股関節温存手術
 1 大腿骨(内反あるいは外反)骨切り術 85
 2 大腿骨頭(前方あるいは後方)回転骨切り術
 3 キアリ骨盤骨切り術
 4 寛骨臼回転骨切り術(RAO)
 5 臼蓋(棚)形成術
2 人工股関節置換手術
 1 人工股関節全置換術
 2 人工骨頭置換術

第Ⅶ章 人工股関節全置換術前後の看護・・・池田美千子
1 手術前看護
 1 問診
 2 術前検査
 3 減量指導
 4 環境チェック
 5 感染予防指導
 6 患者用クリティカルパス
2 入院後のケア
 1 DVT予防指導
 2 褥瘡予防
 3 感染対策
3 手術後看護
 1 腓骨神経麻痺の予防と観察
 2 感染予防指導
 3 脱臼予防指導
4 臥床時のケア
5 仰臥位から端座位でのケア
6 座位でのケア
7 立ち上がり動作のケア
8 離床時のケア
9 シャワー浴でのケア
 1 確認ポイント
10 退院まで
11 脱臼が疑われる場合
 1 観察ポイント
 2 徒手整復までの流れ
12 退院時指導
 1 感染
 2 摩耗
 3 脱臼
13 患者からよくある質問

第Ⅷ章 人工股関節全置換術前後の看護-在宅の環境調整におけるアセスメントの視点・・・佐藤政枝・池田美千子
1 住環境からのケアの視点
2 入院(手術)が決まったら
3 入院前のアセスメント
4 住宅改修と道具の準備
5 入院中の個別支援
6 退院後の個別支援
7 チームで実践する新たな継続ケアシステムの構築に向けて

第Ⅸ章 人工股関節全置換術前後のリハビリテーション・・・田篭慶一・三浦なみ香・生友尚志・中川法一
1 THA術後患者に対するリハビリテーションの意義
2 THA術前後における問題の捉え方
3 術前リハビリテーション
 1 術前リハビリテーションの効果
 2 術前評価
 3 術前リハビリテーション
4 THA術後のリハビリテーション-問題別アプローチ
 1 人工股関節の設置状況の把握
 2 可動性に対するアプローチ
 3 支持性に対するアプローチ
 4 協調性に対するアプローチ
 5 姿勢・アライメントに対するアプローチ
 6 歩行・歩容に対するアプローチ
 7 日常動作・活動性に対するアプローチ
5 患者タイプ別のリハビリテーション-術後タイムコースに即して
 1 罹病歴が3~5年程度のA氏の場合
 2 罹病歴5年以上のB氏の場合
 3 罹病歴が3年未満のC氏の場合
6 症例呈示
 1 罹病期間が長く,両股関節のROM制限が著明であった症例
 2 罹病期間が短く,強い疼痛を訴えた症例
7 クリニカルクエスチョン(THA)
 1 THA後患者の筋力の回復はどのような傾向があるか?
 2 THA後患者が手術側の下肢を長く感じるのはなぜ?
 3 THA後患者はよく転倒する?
 4 THA後患者は疲れやすい?
 5 筋力は問題ないのになぜ跛行が直らないの?-THA後患者は体幹機能にも問題あり?
 6 THA後患者の跛行は自然に直る?
 7 THA後患者の患側大腿部が健側に比べていつまでも細いのはなぜ?
 8 THA後患者の股関節の感覚機能はどうなっている?

第Ⅹ章 人工股関節全置換術後の在宅リハビリテーション・・・真田将幸・中川法一
1 はじめに
2 臨床と在宅リハビリテーションの相違点
3 在宅リハビリテーションでのアプローチ
 1 情報収集
 2 足部リーチ動作
 3 正座動作
 4 補高
 5 低い位置へのリーチ動作
4 おわりに