3,000円以上の購入で
送料無料

到着日時のご指定は出来ません

純粋失読 書けるのに読めない

定価:1,980円(本体1,800円+税)

商品コード: ISBN978-4-89590-182-6

四六 / 240頁 / 2002年
【監修】 錦森淑子(広島県立保健福祉大学教授)
【著者】 土本亜理子(フリーライター)

内容紹介

ある日突然、字が読めなくなる。目は見えているのに、書くことはできるのに、いま自分で書いたばかりの字が読めない・・・。こんなことを想像できますか? 書けるのに読めない障害である「純粋失読」を、あなたはご存じでしょうか?
本書では、フリーライターの土本亜理子が、当事者、家族、専門家に徹底取材し、渾身の力でその実態に迫る。

目次

第1章
純粋失読を抱えて 岡田尚治さんと和子さんの五年間の記録
  1.  発病
  2.  二人のリハビリ
  3.  日常生活と障害
  4.  言語評価とリハビリテーション
  5.  「脳の代わり」を使って
  6.  失語症の仲間と出会う
  7.  退職、そして新しい世界へ
  8.  岡田さんのリハビリテーションの経過について


第2章
純粋失読とは何か なぜ書けるのに読めないのか
  1.  純粋失読とは何か
    
  2.  イギリスと日本、読みの障害の比較を通して
    

第3章
聞き書き「読めない世界」を体験して
  1.  姉が買ってきてくれた『ダンボ』の絵本が読めなくて・・・ …青木睦子
  2.  もう一度、大好きな小説を読みたい…高橋富子
  3.  今は「仕事の神様」がくれた休日だと思っています…小森律子

第4章
座談会 私が社会復帰できたのは
  1.  座談会 ある純粋失読症者の社会復帰を通して…臼田英太郎・米子、笹沼澄子
  2.  座談会を終えて
  3.  臼田さんご夫妻にお会いして…笹沼澄子

第5章
高次脳機能障害をもつ人たちの社会的状況

資料 パンフレット「高次脳機能障害の理解のために」
主な参考資料
純粋失読および高次脳機能障害の理解のための読書案内
関連団体連絡先